Guitarist Ponkichi official website

facebookfacebook     twittertwitter     InstagramInstagram     youtubeyoutube

HOMEHOMEINFORMATIONINFORMATIONSCHEDULESCHEDULEPROFILEPROFILEBLOGBLOGDISCOGRAPHYDISCOGRAPHYMOVIEMOVIELESSONLESSONREQUESTREQUESTCONTACTCONTACT

Profile

fb_img_1523767481672_w440.jpgぽんきち(川上 息吹)
1963年生まれ 大分県佐伯市出身 福岡県福岡市在住
大分県立佐伯豊南高校卒業 福岡大学経済学部卒業

15歳から独学でギターを弾くようになる。16歳の夏休みのアルバイト代でエレキギターとアンプを購入し、同級生とロックバンドを結成。高校2年の秋に文化祭で生まれてはじめてバンド演奏を経験する。当時のバンドのヴォーカリストは現在俳優として活躍する竹内力。

大学入学を機に福岡へ転居。大学の友人とバンドを組み、この頃から洋楽、テンションコード、リズムギターに目覚める。オリジナル、ロック、パンク、ポップスのバンドで活動。21歳の夏に消化器系の難治性疾患で緊急入院、25歳まで毎年入退院を繰り返すもフリーターとして生活しながらバンド活動を続けた。

26歳になり、国家公務員試験を受け合格し、厚労省の職員として福岡県内のハローワークに勤務。趣味として音楽活動は続け、アコースティックギタリストに転向してからは洋楽カバーユニット『milky note』(2006年5月~2007年11月)、邦楽カバーユニット『レイぽん』(2008年~現在)、洋楽カバーユニット『TeTe』(2009年~現在)のギタリストとして活動。

ドラマ『横溝正史シリーズ』の主題歌のカバー演奏がきっかけになり、原曲のシンガーソングライター茶木みやこさんとのご縁が繋がり、ライブのオープニングアクトをつとめる等現在も交流を続けている。その他プロの音楽家との交流も多い。

2000年と2012年に難治性疾患の再発により小腸と大腸の一部を切除する手術を受けるも、国家公務員として働きながら週末のライブ活動を続けた。難治性疾患のため平日は絶食し基本的に栄養剤のみの食生活を続けながら自らの仕事や生き方について考える中で命の有限性を強く意識するようになる。50歳を過ぎ2014年5月より『ギタリストぽんきちのブログ』を開設し、音楽活動のみならず仕事や生き方など幅広いテーマで書き続け毎日更新するようになる。2016年9月末にて25年6ヶ月勤めたハローワークを依願退職。

2016年10月よりフリーランスのギタリストになり、現在はアコースティックユニットのギタリストとしての活動やソロ弾き語りでの活動の他、オリジナル曲のギターアレンジ&レコーディング、初心者向け個人ギターレッスン、老人ホームでの訪問ライブ等を行なっている。上記ユニットの他、昭和歌謡カバーユニット『MICO&ponkichi』(2017年~現在)のギタリストとしても精力的に活動している。また、洋楽カバーユニット『TeTe』のファーストアルバムCD【TeTe Private Live】の無料配布も行っている。これまで800本以上のアコースティックライブで演奏。繊細な音色、コードワーク、ギタープレイ、独自のアレンジに定評がある。